外壁の漆喰調仕上げ

外壁の天然漆喰調無機質仕上げ

 

今回は、琉球石灰岩微粒子配合で外観を自然な柔らかい風合いが出るような外観仕上げです。

漆喰調仕上げの外壁

一般的な塗装に比べ、変色やチョーキング(粉状)がなく表面は特殊コーティングを施しているため長期美観維持と経年後(約10年)は通常のメンテより安価で済む。

下の写真は、施工前です。(既に塗膜が薄くなりチョーキング現象)

部分的にコンクリートの劣化が進んでいる為、コンクリートの内面改質を施す。

沖縄は、塩害もありコンクリートは加速度的に劣化が進む。劣化進行が進んでいる場合は、耐震補強工事が必要となり、膨大な費用が掛かる工事も少なくありません。

経年後は、既存の塗膜除去作業などが不要で、表面を洗浄するだけすみ、同じ無機質材料であればプライマー(接着剤)不要となる。

紫外線に強く防水機能があれば構造物の耐久性は上がります。

西欧風に柱を演出。バラはオプションです。鉢も特殊加工しています。

壁の風合いに注目!無機質の特殊表面被覆工法で防水機能もあり長期美観が保てます。

庭も琉球石灰岩の原石(防カビコーティング)などを用いていアレンジメント施工しています。

琉球石灰岩アレンジメント造形のページで紹介しています。

特殊表面被覆工法で外壁とお庭をセットでお受けすることも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

㈱トーアコーポレーション 電話098-862-5211 ✉info@toacp.co.jp